家庭でもできるAGA対策として挙げられるもの

医療的な治療はクリニックで受けつつ、家庭でもできるAGA対策として挙げられるものといえば、生活サイクルのコントロールです。毛の成長を促進する栄養素であるタンパク質はもちろん、微量元素である亜鉛やミネラルを摂取できる食品を意識して食事に取り入れましょう。さらに代謝機能を落とさないようニコチンは血行不順の原因になるので喫煙を控え、ほかには入浴時のスカルプマッサージも効果的だと言われています。保険適用外であるAGAの治療費というのは、地域や病院によってかなり差があるようです。テレビCMなどで見かけるAGA専門医はよそに比べれば治療にかかる費用は高めですが、それだけ専門的で幅広い治療を行っているためやむを得ないところがあります。相場的には、塗布や内服の処方薬による治療はAGA専門医にかかれば2万円、普通の病院で1万円弱と見積もって良いでしょう。心身の不調、いわゆるストレスによって脱毛が一時的に進行する場合があります。俗に十円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症は症状が出るきっかけはストレスであることが多いです。それにM字に生え際が薄くなっていく男性型脱毛症の場合も過度なストレスが背景にあることが少なくありません。動物と同じように人間の場合も、強い刺激や緊張状態が続くとホルモンで調整しようとするため、通常とは異なるバランスになります。AGAは男性ホルモンの影響で起こる男性型脱毛症ですから、なにかしらのストレスが発症要因になっていることは想像にかたくありません。男性型脱毛症(AGA)の治療薬で有名なものにプロペシアが挙げられます。患者さん全てに同じように効果が現れる薬というわけではなく、どちらかといえば向き不向きもある薬ですが、抗男性ホルモン剤が有効な体質であれば薄毛や抜け毛の症状の抑制に時間はかかりますが確実に役に立ってくれるでしょう。それでも副作用などが生じる可能性も指摘されていて、性的な機能不全や深刻なものでは肝機能障害が生じた例もありますし、定期的に通院して様子を見ながら使用する薬です。AGAの治療というのはなるべく若齢で始めるほど良い結果が出やすいし、それも早く出てくるというのが分かっていますが、薄毛や生え際の後退がかなり進んでいる場合でも、頭皮の毛母細胞そのものが生きているのなら治療はけして手遅れではありません。視力が良い人でも毛母細胞は目に見えるものではありませんから、目視で毛根らしき黒い粒が見えていなくても実際には毛母細胞が生きていることだってあるわけです。ですからAGA専門のクリニックで早めに相談し、検査してもらうと良いでしょう。頭皮に古い角質や皮脂が残っていると、フケや抜け毛を招きます。健康で清潔な頭皮が髪を育てる土台となるのですから、病院での治療や投薬と同時に頭皮クレンジングを定期的に行い、理想的な地肌の状態になるようコントロールすることも大切です。最近は頭皮ケア用のシャンプーも市販されていますが、メイク落としに女性がクレンジングオイルを使うのと同様、クレンジングオイルを用いた地肌の洗浄をやってみるのも良いでしょう。適量を使えばベタつきも残りません。医療機関の手を借りずにAGAを自力で治すことは、一部に限定すれば可能と言えます。毛根に薬剤を注入するメソセラピーや頭皮に毛を移植する植毛は、医療従事者でなければできませんが、薬を中心とした治療であれば海外製を個人輸入することによりクリニックなどに頼ることなく治療ができるのです。また、高価な先発医薬品でなくジェネリック薬を使うことにより、AGA専門医などにかかるのと比較すると出費が少なくて済みます。毛母細胞が分裂して成長し、抜け落ちるまでの期間をヘアサイクル、もしくは毛周期といいます。健康な人では、発毛してから髪が早い速度で伸びる成長期が6、7年あり、成長速度が遅くなる退行期を迎え、毛包が休止して(休止期)髪が伸びなくなるところで1サイクルです。強いストレスを受けた場合やAGAを発症した場合はこの循環に狂いが生じ、成長期が短くなるので1周期が非常に短くなり、未成熟な髪までもが成長しきらずに成長を止めて抜け落ちるため、髪が薄くなっていくのです。やり過ぎは却って毒ですが、地肌をマッサージするという行為はAGAの治療をする上で補助的な影響が大きいため、推奨されています。的確なマッサージによる刺激で地肌環境が改善され、医師による治療との相乗効果で良い結果を出しやすくなるからです。頭皮のマッサージは非常に気持ちの良いものですし、血液の循環が良くなり、脱毛や肌トラブルを招く角栓を生じにくくし、古い代謝物が落ちやすくなり、少ないシャンプー液で済むので頭皮への負担も減らせます。国の公的な医療保険が適用される薬であれば患者は3割負担で済むのですが、AGAの薬はその中に入っていないため、基本的にはAGA治療は美容整形のように保険適用外となり、全額を患者が支払うことになります。費用の総額は薬の種類や数、治療の方法によってかなり差があるものですが、比較的負担が楽なのは後発医薬品の内服薬を処方してもらうことです。逆に高額なのは植毛で、外見的な効果は抜群ですが、100万円以上かかるケースもあります。

About Chloe